沿革

1974 株式会社金子製箱所においてパイオニア株式会社と共同で、カーステレオ取付金具の制作を開始。
1981 カーステレオ取付キットの設計、開発及び、看板の立案製作業務部門として株式会社カナック企画を設立。
 
 
1983 販売管理用コンピュータ導入。
1984 パイオニア株式会社に一般市場向け取付キットの販売を委託する。
  オートキャンプの必需品 『ルーフキャビンCR-86U』開発、発売開始。
1987 軽自動車用取付キット開発、販売開始。
1991 葛飾区水元に開発センター用地取得する。
  オートキャンプの必需品 『ルーフキャビンCR-235』開発、発売開始。
  ナビゲーションシステムの普及に伴いモニター取付キットを開発、販売開始。
1993 モニター取付キット『KW-26V』実用新案取得。
1994 株式会社カナック企画 資本金10,000,000円に増資。
  水元開発センター完成。
  開発、企画用にアップル・マッキントッシュ社製コンピュータ導入。
1995 株式会社カナック企画 営業、開発及び、設計部門を水元開発センターに移転。
 
1998 新規格軽自動車用取付キット開発、販売開始。
  株式会社カナック企画(KANACK.CO.JP)にてドメイン取得。
1999
2000 ソニー株式会社(ソニー・グループ)共通の取引先コード取得。
  ソニー中新田株式会社(現 ソレクトロンジャパン株式会社)に『パーキングセンサー』供給開始。
  株式会社バンテックからCRAFT DEVICE商品引継 新ブランド『KANATECH(カナテック)』商品としてスタート。
  株式会社カナック企画 水元開発センターに新社屋完成。
  WWW によるカナック企画のホームページ開設。
  株式会社カナック企画(KANACK.COM)にてドメイン取得。
  トヨタ・スーパーライブサウンド専用『カーAVインストレーションセット(TBX series)』発売開始。
  株式会社カナック企画(カナック.CO.JP)にてドメイン取得。
  株式会社カナック企画(カナテック.CO.JP)にてドメイン取得。
  セールスプロモーションの企画、製作部門(カナックSP)を新設 カーAV機器を店頭訴求するデモボード並びに周辺販促ツールの企画、製作事業を開始。
2001 株式会社カナック企画(KANACK.JP)にてドメイン取得。
  株式会社カナック企画(KANATECH.JP)にてドメイン取得。
  カーAVアクセサリー『1DIN汎用ポケット(ACC-)』発売開始。
  カーAVアクセサリー『ヘッドレストモニター取付キット(UA series)』発売開始。
  輸入車専用取付キット『カーAVトレードインキット(GE series)』発売開始。
2002
  高級オーディオパーツ『efx series』発売開始。
2003 株式会社カナック企画 水元開発センターISO9001取得。
  ISO14001取得。
  トヨタ・スーパーライブサウンド(マイコンアダプター搭載)専用『カーAVインストレーションセット(TBX series)』発売開始。
  モニター/AVフィッティングキット『モニター/AVフィッティングキット(UA series)』発売開始。
  市販ブランド『KANATECH』を新ブランド『KANATECHS(カナテクス)』へ変更。
2004 株式会社カナック企画(KANATECHS.JP)にてドメイン取得。
  ヨーロッパ車のCAN-Busに対応した「CAN-Busインターフェイス」を発売開始。
2006 アウトメカニカ(ドイツ フランクフルト)出展。
2007 『純正オーディオアダプター(AX series)』発売開始。
  『リバイバルカーAV取付キット(RUA series)』発売開始。
  カナテクスHP:リニューアルオープン。
  株式会社カナック企画 キャラクター発表。
  Ndevr社の代理店としてオリジナルUSBメモリを取扱い開始。
  プレミアム・インセンティブショー出展。
2008 カナック企画ホームページリニューアル。
  アウトメカニカ(ドイツ フランクフルト)出展。
  TASKものづくり大賞出品。
2009 東京モーターショー2009出展。
2010 葛飾ブランド「葛飾町工場物語」認定。
2011 自社製CAN-Busインターフェイス商品の発売開始。
2012 葛飾税務署より優良法人として表彰される。

弊社運営サイト
株式会社カナック企画

株式会社カナック企画 水元開発センター
〒125-0032 東京都葛飾区水元1-4-10
TEL:03-5660-1234 / FAX:03-5660-1231
ページの一番上へ